歯の矯正の想い出

歯の矯正、辛い想い出があります。小学生のころから、ものすごく歯並びが悪かったものですから、矯正をすることになりました。小学生は、我慢します。今のように、「痛いから嫌よね。」とあのころは言わなかったのです。

装置を歯に付けた時の、夜も眠られない痛み、ずっと肩こりが続く日々、ただでさえ狭い口の中が装置の為に、一層狭くなる辛さ、良く頑張ったと思います。いや、頑張りすぎてイヤになってしまったのです。もう少し、痛くないように、処置してほしかった、と大人になってから思います。永久歯も四本抜きました。今思いましたら、勿体ないことです。しかし、歯並びは本当に悪かったですから、仕方なかったのかもしれません。そして、歯医者さんが、とても乱雑な男性だったのです。

辛かったし、嫌だったけれども、百万円も払い込んであるらしく、やめるにやめられない、けれども行きたくない、という思いがずっと胸にありました。歯医者さんが苦手なのは皆さん共通なのでしょうか。それとも、やはり幼いころからの歯医者さんへの思いが作用しているのでしょうか。

矯正は、辛かったです。もし、これから矯正をされる子供さんがいらっしゃいましたら、我慢しすぎないように、「大丈夫?」「治療のペースを落とす?」と声を掛けてあげて下さい。虐待を我慢してしまうのと同じように、我慢してしまう子供、というのがいるのです。

歯の矯正は長い時間がかかります。歯医者さん選びも大切です。威圧的な歯医者さんでしたから、通うのが一層辛かったことを思い出します。そして、「来たくなかったら来なくても良い。」とまで言い放つ人でした。

お金は既に支払っているのですから、ひどい話です。そしてその話を、他の患者さんにも同じように言い放って居りました。知っていましたら、選ばなかった歯医者さんでしょう。

矯正は辛いものです。せめて親切丁寧な審美歯科の歯医者さんを選んであげて下さい、と言うのがわたくしからの提案です。

PR|初値予想|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|心の童話|SEOアクセスアップ相互リンク集|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|童話|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|ショッピングカート|オーディオ|健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|サプリメント|JALカード|