に投稿

虫歯で歯医者に行ったことがない!

小学生の頃ですが、親知らずが生えてきたのですが、生えようとする場所の上にちょうど上の歯の歯茎があり、そこにあたってしまい、うまく生えれず、歯茎の中で出るに出れないというような状態になりました。
その結果、その根元部分に炎症を起こしてしまい、歯茎が腫れ痛みがしばらく続いていました。この痛みは今でも覚えているくらい、かなり痛かったです。

大阪で評判の良い歯医者さんに行き、確かまずレントゲンを撮り歯茎の中の親知らずの形や大きさ、角度などを調べてもらい、そのまま生えるのか、生やしたほうがいいのかなど、検討してもらいました。
その後結果的に抜いてしまった方が、今後のためにも良いとのことで、麻酔をし、生えてこようとしていた親知らずの根元を切開、その後親知らずを抜きました。
まず、麻酔をかけるときの注射の痛みがかなりあり、この時点でかなり恐怖心と戦いました。麻酔のおかげで、切開自体は痛くありませんでしたが、親知らずを抜かれる時の引っ張られている感覚が、痛くて怖かったです。

結果的には親知らずは抜いて良かったと思うので、少しでも親知らずの何かしらの痛みを感じているなら、抜いた方がいいと思います。

に投稿

部分義歯・差し歯との付き合い方

左下奥にブリッジを長い事かけていましたが、その土台の一番奥の歯が破折しました。何度も根幹治療を繰り返したせいでしょうね。歯の根が折れているので抜歯しかない、と医師に言われショックを受けました。セカンドオピニオンを受けましたが、同じ結果でした。あきらめて抜歯を決意。30代にして部分義歯になってしまいました。それから10年近く経過しましたが、部分義歯は不便を感じる事が多いです。食べ物が挟まるのが一番辛い。食事の度に外し、歯磨き必須です。お手入れは部分義歯用ブラシでのブラッシングの後、部分義歯用洗浄剤を入れてカップにつけ置きします。つけ置きは夜のみになります。私の部分義歯はバネの付いたオーソドックスな物。手入れ中によく洗面台に落としてしまいますが、デリケートな物なので要注意です。部分義歯は、やはり笑った際に見えてしまうし、病院での喉の診察の時に恥ずかしい思いをします。後、MRIの検査の時に取り外さなくてはいけません。30代で部分義歯の人は少ないと思います。それプラス私は上の前歯二本が差し歯になってしまいました。私は子供の頃から虫歯がたくさんありました。親のせいにしてはいけないと思いますが、歯磨きの仕方をきちんと教わらなかったか、もしくは教えても出来ない子供だったかどちらかと思われます。高校を卒業した辺りから治療した虫歯の状態が悪くなり治療を繰り返すうちに前歯が差し歯になってしまいました。前歯が差し歯だと、ものを思い切り噛む事が出来ず、不便です。成人してから良い歯科との出会いもあり、歯磨きを丁寧にするようになりました。歯科のチェックでよく磨けているといわれますがそれでも虫歯が出来る事があるので、そういう体質なのかな、とも思っています。両親兄弟とも虫歯がたくさんあります。部分義歯はバネがかかる歯を念入りに磨くように指導されています。前歯の差し歯は歯の隙間を念入りにフロスを使っています。