突然親知らずが痛んで、抜歯を決意して歯医者へ行きました。

私の口の中には親知らずが生えています。
世間的に抜歯しにくいと言われる左側の奥歯のさらに向こう、斜めから生えているものです。
ある日、その歯が生えている部位がズキズキと痛んでいました。

手持ちの鎮痛剤を使って様子見を何日かしましたが、それでもズキズキと痛んで仕事に集中できなくなってしまったので評判のいい歯医者へ行きました。

そこの歯医者は雰囲気はいいのですが、スタッフさんの対応があまり良くありませんでした。
先生の対応自体はすごく良くて親切にしてくださり、鎮痛剤を調達してくれました。

私の歯の痛みは歯垢の蓄積から来る痛みで、親知らずはまだ皮膚の下にあって抜歯は無理だと判断されました。
神経のすぐ近くに生えているためその状態で抜歯を試みる場合はかなりリスクがあるとのことです。

歯垢のほかにも私の歯には先に尖りがなく、高齢者によく見られる歯の形だと言われました。
夜中にストレスから歯ぎしりをしている可能性があると指摘され、ストレスの解消を勧められました。

それ以来歯の痛みはなくなり、親知らず自体まだ皮膚の下に生えています。