投稿日:

デイモンシステムで美しい笑顔を手に入れる

歯に対する関心が強い民族に囲まれて暮らしている。アメリカ生活ももうすぐで10年目だ。わたし自身、日本にいたらそこまで気にするほどの歯並びではないと思っていたが、綺麗に整った彼らの歯を前にするととても自信がなくなってしまう。そんな時、クリーニングで通っている歯科医院の医師から矯正のお話を伺った。今どき、50歳を過ぎても矯正する方がいらっしゃるとのこと。歯並びが変わると骨格が変わり、見た目が若返るのだそうだ。それを聞いた40過ぎのわたし。ほぼ即決で矯正することにした。そして、矯正を初めてもうすぐ半年になる。
医師から勧められたデイモンシステムという矯正器具は、従来のものと比べると小ぶりである。痛みも少ないらしい。とはいえ、他の矯正器具を試したことがないので比べようはない。それに、痛みは“少ない”だけで無痛ではない。初めてワイヤーを装着した日は痛くて物が噛めなかった。数か月毎にワイヤーを太くする度、その直後は1週間ほど噛むことが困難になる。歯を動かして綺麗な位置に整えようとしているのだから当たり前の話だが、いつでも歯がぐらぐらと動いているような感じで、電動歯ブラシを使うのも響いて苦痛なほどだ。また、ブラケットやワイヤーの間に食べ物が挟まり、とても不快である。痛みを感じたり不快な思いをする度に、ああもう止めてしまいたい!!と何度思ったことか知れない。
それでも、デイモンシステムは従来のものよりも短期間で治療が終わるという。わたしの場合は、始める時に医師から1年半で終わるでしょう、と告げられている。整った綺麗な歯でニコッと微笑みかけられた時のコンプレックスを感じることも、あと1年でなくなりそうだ。

投稿日:

歯医者通いを途中で放棄しないこと

実は私、歯医者通いでちょっぴり反省していることがあります。

それは、虫歯治療を終えた後のクリーニングや、経過観察を放置してしまったことです。

歯医者って、無駄に治療を長引かせて治療費を稼ぐために何度も通わせるものだと思い込んでいました。

虫歯治療が完了した後に、よく次回はクリーニングのみ、数ヶ月後のチェックのみ、というのがありますよね。

そんな提案を何度も無視して、新たな予約をとることなくそのままフェードアウトしていたんです。

けれど、子供の小さな初期虫歯で何度か通ううち、そういった定期的なチェックや歯のクリーニングがとても大切なことだというのに気がついたんです。

予防歯科というんでしょうか、虫歯を作らないのはもちろん、もし出来てしまっても進行させないで初期のうちに治療ができます。

何度も通うのは面倒ですが、放置して気がつかないうちに悪化しているよりも、結果的には治療費もかからずに済むんですよね。

そのことをしっかり理解してからは、虫歯が治れば終わり!ではなく、予後も見据えて歯医者に通いたいと思っています。

投稿日:

部分義歯・差し歯との付き合い方

左下奥にブリッジを長い事かけていましたが、その土台の一番奥の歯が破折しました。何度も根幹治療を繰り返したせいでしょうね。歯の根が折れているので抜歯しかない、と医師に言われショックを受けました。セカンドオピニオンを受けましたが、同じ結果でした。あきらめて抜歯を決意。30代にして部分義歯になってしまいました。それから10年近く経過しましたが、部分義歯は不便を感じる事が多いです。食べ物が挟まるのが一番辛い。食事の度に外し、歯磨き必須です。お手入れは部分義歯用ブラシでのブラッシングの後、部分義歯用洗浄剤を入れてカップにつけ置きします。つけ置きは夜のみになります。私の部分義歯はバネの付いたオーソドックスな物。手入れ中によく洗面台に落としてしまいますが、デリケートな物なので要注意です。部分義歯は、やはり笑った際に見えてしまうし、病院での喉の診察の時に恥ずかしい思いをします。後、MRIの検査の時に取り外さなくてはいけません。30代で部分義歯の人は少ないと思います。それプラス私は上の前歯二本が差し歯になってしまいました。私は子供の頃から虫歯がたくさんありました。親のせいにしてはいけないと思いますが、歯磨きの仕方をきちんと教わらなかったか、もしくは教えても出来ない子供だったかどちらかと思われます。高校を卒業した辺りから治療した虫歯の状態が悪くなり治療を繰り返すうちに前歯が差し歯になってしまいました。前歯が差し歯だと、ものを思い切り噛む事が出来ず、不便です。成人してから良い歯科との出会いもあり、歯磨きを丁寧にするようになりました。歯科のチェックでよく磨けているといわれますがそれでも虫歯が出来る事があるので、そういう体質なのかな、とも思っています。両親兄弟とも虫歯がたくさんあります。部分義歯はバネがかかる歯を念入りに磨くように指導されています。前歯の差し歯は歯の隙間を念入りにフロスを使っています。